Docker-compose

Docker
ブログ

DokcerComposeは、コンテナの構築に必要な設定を、YAML形式で準備することで、簡単にコンテナ群を作成できる仕組みです。

DockerHubのwordpressを見ると以下のように「DockerComplse」の書き方見本があります。以下の形式で「docker-compose.yml」ファイルに書き込みます。

このファイル名は、決められており、基本的にはどのDockerComposeもこのファイルを作成します。そのため、DockerComposeを複数作る場合は、それぞれにディレクトリを用意し、その中にそれぞれの「docker-compose.yml」を作成します。

見本を参考にすると、docker-composeの形式は以下のような感じです。

networkも追加します

version: '3.1'

services:

␣␣wordpress:
␣␣␣␣image: wordpress
␣␣␣␣networks:
␣␣␣␣␣␣-␣wpnet
␣␣␣␣restart: always
␣␣␣␣ports:
␣␣␣␣␣␣-␣8080:80
␣␣␣␣environment:
␣␣␣␣␣␣WORDPRESS_DB_HOST: db
␣␣␣␣␣␣WORDPRESS_DB_USER: exampleuser
␣␣␣␣␣␣WORDPRESS_DB_PASSWORD: examplepass
␣␣␣␣␣␣WORDPRESS_DB_NAME: exampledb
␣␣␣␣volumes:
␣␣␣␣␣␣-␣wordpress:/var/www/html

␣␣db:
␣␣␣␣image: mysql:5.7
␣␣␣␣networks:
␣␣␣␣␣␣-␣wpnet
␣␣␣␣restart: always
␣␣␣␣environment:
␣␣␣␣␣␣MYSQL_DATABASE: exampledb
␣␣␣␣␣␣MYSQL_USER: exampleuser
␣␣␣␣␣␣MYSQL_PASSWORD: examplepass
␣␣␣␣␣␣MYSQL_RANDOM_ROOT_PASSWORD: '1'
␣␣␣␣volumes:
␣␣␣␣␣␣-␣db:/var/lib/mysql

networks:
␣␣wpnet:

volumes:
␣␣wordpress:
␣␣db:

コンテナや周辺環境を作成し、起動する

  docker compose -f cocker-compose.yml up -d

コンテナ・ネットワークの停止、削除

  docker compose down

dockerの定義ファイル内容を確認

  docker-compose config

dockerのコンテナ一覧表示

  docker-compose ps

volumeの場所について

volumeの一覧を表示
  docker volume ls
volumeの詳細表示
  docker volume inspect [volume name]
DockerPC
スポンサーリンク
kotohaをフォローする
Step by Step

コメント