swapの作成(拡張)・削除

Linux
ブログ

swapのための領域(ファイル)を作成する

# dd if=/dev/zero of=/var/swapfile bs=1M count=4096
    (if=/dev/zero null文字を出力 ddコマンドで領域を確保する際のデフォルト)
    (of=/var/swapfile swapfileという名のスワップ用領域を/var/swapfileに作成)
    (bs=1M ブロックサイズ 1つのブロックが1MB)
    (count=4096 作成するブロック数 この場合4096個 つまり4096MB=4GB)

作成した領域をswapに変換

# mkswap /var/swapfile
# chmod 600 /var/swapfile パーミッションを600に変更

swapを有効化

# swapon /var/swapfile

swapが適切に作成できたか確認

# free -m
        total   used    free    shared   buffers  available
Mem:     7809    112     164         0      7532       7390
Swap:    8192      0       0         0         0          0
    (8GBのswapが作成されてことがわかる)
# swapon -s
Filename        Type        Size        Used        Priority
/var/swapfile   file     8388606           0              -2
    (swapが作成した/var/swapfileを活用していることがわかる)

システム起動時に、拡張したswapが自動的に有効化するようにfstabに設定します。

# vi /etc/fstab
最終行に以下を追記
/var/swapfile  swap  swap  defaults 0 0
LinuxPCコマンド
スポンサーリンク
kotohaをフォローする
Step by Step

コメント